BAKU 笹塚

いかにくだらなくて、また、いかにそれが大切か

拝啓

立石です。

突然ですがこの項は、マイスタンス(私の立ち居振る舞い)として
「書け」と言われたから「書く」のでは無く
「書かせて頂く」という概念で書いているのです。
あ、もう一生他人に嘘つかないと決めたのに嘘つきました。

適度な嘘は人生のスパイス。
ジェラシーも人生のスパイス。これは叶姉妹が言ってたから多分本当です。

そんな事はもう本当にどうでもいいとして
このページからリンクで飛んで行ける姉妹店のブログは御覧になられましたか?

僕は見てなかった。けど見た。ら、なんか面白かったですよ。
変な本読むよりよっぽど。

というか、こういった文章がクリック一発無料で読めるなら
そら本なんか売れないわ。と自社業務完全否定な感じにもなりますよ。
恐ろしい事ですよこれは。

と言いつつも僕は毎日キチンと本読んでます。
最近では森見登美彦さんの「ペンギン・ハイウェイ」
ペンギン
が面白カッコよかった。
過去作とは若干毛色が違いますが。
あとはまぁ「湯けむりスナイパー」ですね。
花鳥風月

やっと中野の「ま○だらけ」で全巻そろいましたよ。

まん○らけといえば、まだ二十歳そこそこの頃
「慣れなれしい」という理由でバイト一ヶ月でクビになったという
輝かしい経歴が僕にはあります。

「輝かしい経歴も
 隆盛を極めた過去も
 全ては過ぎ去った事象であり
 今のお前がお前の身の丈で行っている事だけがお前の全てだ!」

これは、かの孔子の格言。では無く、今自分で適当に書いてみただけの文言ですが
これくらいの事は誰にでも言える訳です。

だからもう本なんて読まんで宜しい。
人の言葉にいちいち惑ったり感銘受ける必要も無し!

現代はゲームだけしていれば賢くなります。

全く関係無いのですが、偶然にもBAKUはゲームも扱っています。
これもたまたま偶然なんですが、僕ゲーム担当なんです。

次回はその辺のお話で皆様のご機嫌を伺おうかと考えております。


今日、人に「根暗」だと言われました。
自覚は無いのですが、そうなんでしょうか?
心配で夜も寝付けず、「水曜どうでしょう」DVDの副音声まで聞ききってしまう始末。

ちなみに「根暗」はタモさんの造語です。
皆様、くれぐれもそれだけはご承知下さい。

あとこのブログの過去記事見てもらえれば判ると思うのですが
「助っ人マン」さん(ナチグロンがキン肉マンの事呼ぶ時のリスペクト)
の記事が個人的にツボです。

是非読んでみて欲しい。



敬具











Trackbacks

trackbackURL:http://a-back.jp/tb.php/37-70f2687f
該当の記事は見つかりませんでした。